復活するアイリッシュウイスキー
アイリッシュウイスキーの歴史

アイルランド共和国と北アイルランドで造られるウイスキーを、「アイリッシュウイスキー」と呼び、最古のウイスキーとも呼ばれています。(諸説あり)
かつてはスコットランドをしのぐほどの蒸留所があり、世界でもトップレベルのシェア率を誇っていました。

しかし、1919年、アイリッシュウイスキーの主要な輸出先であるアメリカ合衆国で禁酒法が実施されたために、生産規模が縮小していきました。
その影響で多くの蒸留所が閉鎖され、1980年代にはミドルトン蒸留所とブッシュミルズ蒸留所のみとなりました。
それでも根強いファンや、ウイスキーブームが広がり、小規模の蒸留所ができ、再びアイリッシュウイスキーが注目され始めています。
かつて閉鎖した蒸留所の復活や開業予定の蒸留所を含め、約40か所まで回復しました。

日本でも徐々にシェア率が増加してきており、今後のブームを予感させています。

アイリッシュウイスキーの特徴

アイリッシュウイスキーには、シングルモルトやブレンデッドウイスキーといった代表的なウイスキーのタイプ以外にも、シングルポットスチルウイスキーなどといった独自のものがあります。
原料はノンピートの大麦麦芽と未発芽大麦を使用。大麦麦芽をあえて100%使用せず、未発芽麦芽を使用することで「オイリー」な飲み口と、アイリッシュ独特のクリーミーな舌触りやのど越しが生まれます。
また、ポットスチル(単式蒸留器)で3回蒸留させ熟成するアイリッシュ伝統の製造法が特徴です。スコッチウイスキーに比べ、ライトで軽快な味わいに仕上がります。 この飲みやすさが日本人の繊細な舌に合うといわれ、和食とのペアリングも楽しめます。

ブレンデッドウイスキー

モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドして造るもの。
原酒は単式蒸留器(ポットスチル)で造られており、クリーミーさとライトな味わいが楽しめます。

ジェムソン
ジェムソン

ジェムソン

1,684
商品の詳細はこちら
タラモア デュー
タラモア デュー

タラモア デュー

2,158
商品の詳細はこちら
ブッシュミルズ
ブッシュミルズ

ブッシュミルズ

1,695
商品の詳細はこちら
ティーリング スモールバッチ
ティーリング スモールバッチ

ティーリング スモールバッチ

3,716
商品の詳細はこちら

シングルポットスチルウイスキー

伝統の3回蒸留、単式蒸留器(ポットスチル)で蒸留されたもの。
原料は、大麦麦芽(モルト)が30%以上、未発芽大麦30%以上、そのほかの穀物(ライ麦やオーツ麦など)の使用は全体の5%未満です。
アイリッシュウイスキーならではの味わいを楽しむには、このカテゴリがおすすめ。

グリーン スポット
グリーン スポット

グリーン スポット

6,153
商品の詳細はこちら
イエロー スポット
イエロー スポット

イエロー スポット

9,238
商品の詳細はこちら
レッドブレスト 12年
レッドブレスト 12年

レッドブレスト 12年

5,022
商品の詳細はこちら
ティーリング シングル ポット スティル
ティーリング シングル ポット スティル

ティーリング シングル ポット スティル

5,194
商品の詳細はこちら

シングルモルトウイスキー

単式蒸留器で2回、もしくは3回蒸留して造られたもの。シングルポットスチルウイスキーとの違いは、原料です。
こちらは大麦麦芽だけを使用しています。

ブッシュミルズ シングルモルト 10年
ブッシュミルズ シングルモルト 10年

ブッシュミルズ シングルモルト 10年

3,174
商品の詳細はこちら
ザ ポーグス シングルモルト
ザ ポーグス シングルモルト

ザ ポーグス シングルモルト

3,462
商品の詳細はこちら
アイリッシュマン シングルモルト
アイリッシュマン シングルモルト

アイリッシュマン シングルモルト

4,270
商品の詳細はこちら
カネマラ シングルモルト
カネマラ シングルモルト

カネマラ シングルモルト

3,752
商品の詳細はこちら
x